カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、収賄と組織犯罪処罰法違反(証人等買収)の罪に問われ、無罪を主張した衆院議員秋元司被告(49=自民党を離党)に、東京地裁は7日、懲役4年、追徴金約758万円(求刑懲役5年、追徴金約758万円)の判決を言い渡した。現職の国会議員が贈収賄事件で実刑判決を受けるのは異例。

丹羽敏彦裁判長は「現金を渡したとする贈賄側の供述は、客観的証拠に強く裏付けられ、十分信用できる」と指摘。証人等買収の罪について、秋元議員が主導したと認定し「前代未聞の司法妨害」と非難した。

秋元議員と共謀したとして、収賄罪に問われた元政策秘書豊嶋晃弘被告(42)にも懲役2年、執行猶予4年(求刑懲役2年)の判決。

秋元議員側は賄賂の受領を否定し、証人買収に関しても「真実を話してほしかったためで、偽証の依頼はしていない」と訴えたが、判決は「至れり尽くせりの特別待遇で特定の企業と癒着し、社会の信頼を大きく損なった」とした。

実刑判決により、秋元議員の保釈は取り消され、東京拘置所に収監される。このため弁護側は改めて保釈を申請するとみられる。秋元議員は6日の取材に、有罪であっても次期衆院選に立候補する姿勢を示した。

判決によると、IR担当の内閣府副大臣などを務めた2017年9月~18年2月、IR事業参入を目指した中国企業「500ドットコム」側から、計758万円相当の賄賂を受領。保釈中の昨年6~7月に知人らと共謀し、贈賄側に虚偽の証言を依頼し、報酬として現金の提供などを持ち掛けた。(共同)