カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、収賄と組織犯罪処罰法違反(証人等買収)の罪に問われ、懲役4年、追徴金約758万円の実刑判決を受けた衆院議員秋元司被告(49)が9日、国会内で記者会見し、判決について「秋元は悪であると結論ありきだった。到底承服できない」と述べた。

事件そのものにも「検察につくられた冤罪(えんざい)だ」と主張。既に控訴しており「(控訴審では)先入観なしにまっさらな頭で判断いただきたい」とも話した。

秋元議員は7日の判決後、東京拘置所にいったん収監されたが、裁判所が弁護側の保釈請求を認め、同日夜に保釈された。弁護側は判決を不服として、即日控訴した。

判決は、IR担当の内閣府副大臣などの在任中、IR事業への参入を目指した中国企業側から、現金や旅費負担など計758万円相当の賄賂の受領を認定。保釈中に知人らとともに贈賄側に偽証を依頼し、報酬の提供を持ち掛けた証人等買収罪の成立も認め「前代未聞の司法妨害に及び、最低限の順法精神すら欠如している」と非難した。(共同)