中国メディアによると、中国南部の雲南省を移動していた野生のアジアゾウの群れが11日までに、元の生息地に戻った。

異例の北上を続けた群れが戻るよう、餌を与えて誘導していた同省の担当部局が発表。ゾウにけがなどはなく「無事に帰宅」したという。

報道によると、ゾウ14頭は10日、川に架かる橋を渡って同省普〓(サンズイに耳)市にある生息地に入った。

群れは昨年春、16頭で東南アジアに近い南部の自然保護区を出発。捕獲されたり自ら戻ったりしたゾウを除く14頭が移動を続けていた。餌不足が原因ともみられる大移動は国内外メディアが相次ぎ報じ、注目を集めていた。(共同)