米アップルは14日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新型機「13」シリーズを発表した。日米などで17日から予約を受け付け、24日に発売する。カメラの性能や、充電1回当たりの駆動時間を従来機種より改善させたのが特色。4機種あり、価格は小型の「13ミニ」が8万6800円、「13」が9万8800円など。

昨年発売した「12」シリーズに続き、高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムに対応した。世界で5Gが拡大しているのに伴って対応スマホに買い替える動きが広がっており、アップルは高性能化を進めて需要獲得を狙う。

アップルは同時に、タブレット端末「iPad(アイパッド)」の新型機2機種と、腕時計型端末「アップルウオッチ」の新型機「シリーズ7」を売り出すことも公表した。アイパッドは今月24日に発売し、アップルウオッチは今年秋に売り出す予定としている。(共同)