京都の料亭の建物所有権を巡るトラブルで、所有者を脅して裁判所への申し立てを取り下げさせたとして、愛知県警中署は15日、強要の疑いで、特定抗争指定暴力団山口組弘道会系組長佐竹憲治容疑者(52=名古屋市)ら2人を逮捕した。署によると、佐竹容疑者は黙秘している。

逮捕容疑は共謀して昨年4月16日、大阪市天王寺区のホテルで、京都市東山区の料亭を所有していた会社役員の20代男性に対し、「おれはヤクザだから殺すのが仕事だ。裁判を取り下げろ」と脅すなどした疑い。

男性は、料亭の所有権移転を一時的に停止する不動産仮処分命令を申し立てて認められていたが、要求に応じて、同5月1日に取り下げていた。

署は、佐竹容疑者らがトラブルに関わった経緯や目的を詳しく調べている。(共同)