福岡県小郡市の住宅で2017年6月、妻子3人を殺害したとして殺人罪に問われた元県警警察官中田充被告(43)の控訴審判決で、福岡高裁は15日、1審福岡地裁の死刑判決を支持し、被告側控訴を棄却した。弁護側は1審に続き無罪を主張していた。

直接証拠はなく、弁護側は「被告が朝出勤した後に3人が死亡した可能性もあり、外部による犯行の可能性を排除できない」などと訴えた。

高裁の辻川靖夫裁判長は、遺体の状態から、被告が出勤する前の時間帯に3人が死亡していたとする法医学者の証言を信用できるとし「外部犯の可能性を否定した1審判決は不合理ではない」と指摘。3人の生命を奪った結果は重大だと述べ、死刑とした1審の量刑判断に誤りはないと判断した。

被告は、主文が後回しにされた判決言い渡しの間、終始視線を落として理由読み上げに聞き入っていた。控訴棄却の主文を言い渡された後も、表情に変化はなかった。

1、2審判決によると、被告は通信指令課の巡査部長だった17年6月5日深夜~6日朝、自宅で妻由紀子さん(当時38)と小4の長男涼介君(同9)、小1の長女実優さん(同6)の首を絞めるなどして、いずれも窒息死させた。

由紀子さんの遺族は15日の判決後「今はただ、由紀子、涼介、実優の思い出と共に静かに過ごしたいと願っております」とのコメントを出した。(共同)