森友学園に関する財務省の決裁文書改ざんで自殺した近畿財務局の元職員赤木俊夫さん=当時(54)=の妻雅子さん(50)は7日、大阪市内で会見し、第三者による改ざん問題の再調査を岸田文雄首相に求める直筆の手紙を6日に送ったと明らかにした。再調査に慎重な姿勢を示している首相が「人の話をよく聞く」のが得意としていることを挙げ「『聞くのが得意なら、話を聞いてもらおう』と思って手紙を出した」と説明した。

首相は7日、「手紙は受け取っていない。受け取った上で対応について考えたい」と静岡市内で記者団に語った。

雅子さんは会見の冒頭で「再調査で真相を明らかにしてください」と改めて手紙を読み上げた。執筆は6日に思い立ったという。財務省が2018年6月に公表した調査報告書に関し「夫が(改ざんを苦に)亡くなったことは記載されていない。納得いかない」と批判した。

再調査を拒み続けた安倍晋三元首相らと異なり岸田首相は「森友問題に関わっていない」と指摘し、8日の所信表明演説後の会見で再調査に言及するのを期待したいとして「直接話を聞いてくれるなら、すぐ飛んでいきたい」と訴えた。

手紙は「私の話を聞いてください」と書き出し、便箋2枚にまとめられた。赤木さんは「改ざんをやるべきではない」と訴えていたとして「夫が正しいことをしたことに財務省がどのような対応をしたのか調査してください」と求めた。「正しいことが正しいと言えない社会はおかしいと思います。岸田総理大臣なら分かってくださると思います」とつづった。

雅子さん側は国などに損害賠償を求め大阪地裁で係争中。今月6日付で準備書面を提出した。改ざんは「公務員の誇りを著しく傷つける非常につらい業務」だったとして、改ざんのため月100時間以上の時間外勤務をさせた国には注意義務違反があると主張した。(共同)