立憲民主党愛媛県連の西原司代表代行は11日、過去にツイッターで女性に関する不適切な投稿をしていたとして、衆院選愛媛4区から立候補を予定していた新人杉山啓氏(29)の公認を取り消す方針を記者団に明らかにした。近く党本部が正式決定する。

杉山氏は8日に自身のホームページで「不適切な表現および発信について心よりおわび申し上げる」と謝罪。西原氏は11日、松山市内で記者団に「いくら過去とはいえ、時代に合った書き込みではない」と話した。(共同)