秋篠宮家の長女眞子さま(29)は12日、小室圭さん(30)との26日の結婚を報告するため、東京都八王子市の昭和天皇陵と香淳皇后陵を参拝された。陵がある武蔵陵墓地の入り口付近には、皇室を離れる前の眞子さまを一目見ようと約100人が集まった。

米国から約3年ぶりに帰国した小室さんは、新型コロナウイルス対策のための待機を11日に終え、結婚に向けた2人の動きが本格化する。

グレーの服にマスク姿の眞子さまは、雨が降る中、それぞれの陵の前で深々と頭を下げた。参拝を終えると、報道陣に一礼してから車に乗り込み、墓地を後にした。

結婚は、小室家の金銭トラブルを巡る批判から、天皇、皇后両陛下にあいさつする「朝見(ちょうけん)の儀」など皇室の関連儀式を実施しないことになった。

代わりに、両陛下への私的なあいさつなどが予定されている。今回の陵への参拝は慣例の儀式ではなく、眞子さまの希望によるものだ。

宮内庁によると、眞子さまは26日に婚姻届を自治体に提出。その日のうちに、2人による記者会見が開かれる。(共同)