米出版社DCコミックスは11日、コミック「スーパーマン」の新シリーズの最新号で、主人公のジョン・ケントがバイセクシュアル(両性愛者)だとカミングアウトすると発表した。新聞記者の友人男性と恋愛関係になるという。

米紙ニューヨーク・タイムズは「最も典型的な米国のヒーローであるスーパーマンのカミングアウトは、多くの漫画が多様性を受け入れる時代の中で注目すべき瞬間だ」と指摘している。

ジョン・ケントは、元祖スーパーマンであるクラーク・ケントの息子。(共同)