甲府市の住宅が全焼し、住人の井上盛司さん夫婦とみられる2人の遺体が見つかった放火事件で、南甲府署捜査本部は14日、司法解剖の結果、遺体は男女で失血死しており、刃物によるとみられる複数の刺し傷があったと明らかにした。遺体の状況から刺された後、火災に巻き込まれた可能性が高い。捜査本部は身元の確認を進め、同居の娘への傷害の疑いで逮捕した甲府市の少年(19)を殺人容疑でも調べる方針。

また、少年が指を骨折するけがをしていたことも判明。夫婦ともみ合った際に負傷した疑いがあるとみて、詳しい状況を調べる。

同居の娘2人は井上さん夫婦の長女と次女だった。捜査関係者によると、少年は長女と同じ高校だったという。

火災は12日未明に発生。少年は車を運転して同日夜7時ごろ山梨県内の駐在所に出頭した際、顔をやけどし、手にテーピングをしていた。捜査本部の説明では、小指を骨折し、腱(けん)が断裂していた。

次女は「逃げたら後ろから襲われた」と一方的な攻撃だったと説明。少年は、この前後に夫婦と争いになり、けがをした可能性がある。

近所の男性は「妻が朝『やめて』という声を聞き、一緒に起きて様子を見ていたら火の手が上がった」と話していた。(共同)