甲府市の住宅が全焼し、住人の井上盛司さん夫婦とみられる2人の遺体が見つかった放火事件で、山梨県警の南甲府署捜査本部が焼け跡から油類を入れる缶を発見、押収したことが14日、捜査関係者への取材で分かった。井上さんの次女への傷害容疑で逮捕されている少年(19)は車で移動していたことが分かっており、油類を準備して計画的に襲撃した疑いがあるとみて動機を調べる。

少年は指を骨折するなどして手術、入院していたが、14日午前に退院。捜査本部は午後に少年を送検した。放火をほのめかしており、殺人や現住建造物等放火の疑いでも捜査する。

捜査本部によると、遺体で見つかった2人は刃物で刺されており、失血死と判明。大きな傷を負っており、襲われてから短時間で亡くなった可能性がある。

少年は、2階から逃げて無事だった長女と同じ高校で面識があった。事件前に県警が井上さん一家から付きまといなどの相談を受けたことはなかったという。(共同)