愛知県弥富市の市立中で3年の伊藤柚輝さん(14)が刺されて死亡した事件で、逮捕された同学年の男子生徒(14)が、伊藤さんに嫌なことをされ、恨みを募らせていたとの趣旨の供述をしていることが25日、捜査関係者への取材で分かった。伊藤さんが生徒と向き合った姿勢で正面から腹を刺されたとみられることも判明。傷は肝臓を貫通し、腹部の大動脈や脾臓(ひぞう)も損傷していた。県警は強い殺意があったとみて、他の生徒からも話を聴くなどして供述の裏付けを進める。

一方、逮捕された男子生徒の父親が25日までに共同通信の取材に応じ「情報がなく、私も錯乱しているので、何も言えない」と話した。県警は25日、殺人容疑で男子生徒を送検。また、同日までに弥富市内にある男子生徒の自宅を家宅捜索した。

男子生徒は24日午前8時ごろ、校内で刃渡り約20センチの包丁で伊藤さんを刺したとして、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。捜査関係者によると、凶器の包丁を「事前にインターネットで購入した」と供述。事件当日、自ら学校に持参したとみられる。

伊藤さんは男子生徒に廊下に出るよう呼び出され、教室に近い廊下で刺された後、出血しながら自力で教室に戻ったとみられる。病院に搬送され、同10時35分に出血性ショックで死亡した。県警は司法解剖し、遺体の状況をさらに詳しく調べる。

市教育委員会などによると、2人は同じ小学校の出身で、中2の時も同じクラスだった。現在は別のクラスで、部活動も異なるという。(共同)