兵庫県稲美町で小学生兄弟が死亡した住宅火災で、県警加古川署捜査本部は26日午前、殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕した同居の伯父で無職松尾留与容疑者(51)を神戸地検姫路支部に送検した。

松尾容疑者は19日午後11時35~40分ごろ、自宅で何らかの方法で火を放ち木造2階建てを全焼させ、就寝中だった小6松尾侑城君(12)と小1真輝君(7)を殺害した疑いで24日に逮捕された。捜査関係者によると「(兄弟の)両親が出払うのを待って、ガソリンを使って火を付けた」と容疑を認めている。

兄弟の死因は煙を吸ったことによる急性一酸化炭素中毒。住宅の車庫から中身が使われた形跡があるガソリン携行缶(20リットル用)が見つかり、捜査本部はこの缶のガソリンを室内でまき火を付けたとみて調べている。(共同)