愛知県弥富市の市立中で3年の男子生徒(14)が刺されて死亡した事件で、逮捕された同学年の少年(14)が事件2日前の今月22日に凶器の包丁を入手していたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。事件があった24日は入手後最初の登校日で、県警は綿密に計画を練っていたとみて詳しい経緯を調べている。

捜査関係者によると、少年はインターネット通販で購入したと供述。周囲に知られないようかばんに隠して校内に持ち込んだとみられる。男子生徒に「嫌なことをされ、恨みを募らせていた」などとも話しており、県警は他の生徒にも話を聴くなどして供述内容の裏付けを慎重に進める。

県警によると、亡くなったのは伊藤柚輝さん。逮捕された少年と同じ小学校に通い、中2の時も同じクラスだった。中3では違うクラスに在籍していた。

少年は24日午前8時ごろ、校内の廊下で刃渡り約20センチの包丁で男子生徒を刺したとして、殺人未遂容疑で現行犯逮捕され、25日に殺人容疑で送検された。この中学では他の教室に入ってはいけない決まりがあり、少年は教室にいた男子生徒を廊下に呼び出した可能性がある。

少年が通う中学では、生徒の多くがリュックサックで通学。少年もリュックを背負って登校していたとみられる。(共同)