26日午前4時10分ごろ、東京都町田市小山ケ丘5丁目の都道交差点で、パトカーの追跡から逃走した軽乗用車が乗用車に衝突した。警視庁南大沢署によると、軽乗用車を運転していた男性(19)と助手席の女性が首の骨を折るなどの重傷を負った。署は自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の容疑を視野に男性から事情を聴く方針。

パトカーは第9方面交通機動隊の所属。軽乗用車が赤信号を無視して交差点を曲がったのを確認して停止を呼び掛けたが、逃走した。パトカーは赤色灯をつけて追跡したが、時速100キロ以上で逃げたため危険と判断し、1キロ程度で追い掛けるのをやめたという。

軽乗用車は約500メートル先の交差点で赤信号を無視して右折し、左から直進してきた乗用車と衝突した。乗用車に乗っていた人にけがはなかった。

警視庁は「追跡は適正だった」としている。(共同)