インターネット報道番組を制作、配信する「Choose Life Project(CLP)」は6日、立憲民主党から広告代理店などを通じ、「番組制作費」として約1500万円を受け取っていたとホームページ上で発表した。

立民の福山哲郎前幹事長も同日、「番組制作を支援した」とするコメントを発表した。理由に関し「フェイクニュースに対抗するメディアの理念に共感したため」と説明。番組内容などについては「関与したものでない」としている。

CLPのホームページに共同代表の佐治洋氏の名前で掲載された文章によると、スポンサーを探す中で福山氏に会い、支援を受けることになった。2020年3月以降、広告代理店や制作会社を通じ、約1500万円を受け取った。佐治氏らの給与や制作にかかる費用に充てたとしている。

その後、クラウドファンディングなどで資金を得る仕組みを整え、立民に資金提供の終了を申し出たという。文章では終了の時期は明確にしていない。佐治氏は「これらの事実を説明しないままに配信活動を行い、寄付を募っていた時期があることは不適切だった」とし、共同代表を近く辞任する意向を示した。

(共同)