現職国会議員になりすまして東海道新幹線のグリーン券をだまし取るなどしたとして、愛知県警は10日、詐欺と有印私文書偽造・同行使の疑いで、元参院議員山下八洲夫容疑者(79)を送検した。送検容疑は4月27日、国会議員用の申込書に現職国会議員の名前を勝手に記入し、東京-名古屋間の新幹線特急券・グリーン券をだまし取った疑い。捜査関係者によると、山下容疑者は鉄道乗車証を「落選後も継続的に使っていた」と供述している。

参議院議員課によると、鉄道乗車証は年度ごとに更新され、10年参院選で落選した山下容疑者のものは期限が切れている。議員でなくなった人の乗車証の返納に関しては確認しており、返却していない議員は把握しているという。ただ、何割程度の議員が未返却なのかは答えられないといい、議員課では「返却していない人数は公表しない」としている。