広告大手、博報堂DYホールディングスの子会社「博報堂プロダクツ」(東京)が発注したように装い、ギフトカード10億円分をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は11日、詐欺の疑いで同社元社員小林司容疑者(47)を逮捕した。

逮捕容疑は2020年11月、都内の大手印刷会社からギフトカード20万枚(10億円相当)をだまし取った疑い。「全てチケットショップで売却して現金化した」と容疑を認めているという。

捜査2課によると、16年から約150回にわたり、約250億円分の金券を調達していた。換金分は、趣味のモデルガン購入や住宅ローンの支払いに充てたほか、印刷会社への支払いに回す自転車操業を続けていたという。博報堂プロダクツの損失は約27億円に上り、同社は21年1月に小林容疑者を懲戒解雇にしている。(共同)