山梨県警は14日、同県道志村山中で見つかった人の肩甲骨のDNA型について、2019年9月に近くのキャンプ場で行方不明になった千葉県成田市の小学1年小倉美咲さんと一致したと明らかにした。骨は右側の肩甲骨で4日に発見され、DNA鑑定が行われていた。県警は「生命維持に欠かせない部位の骨で、美咲さんは死亡していると判断した」と説明した。不明当時は小学1年で7歳だった。

山梨県警は、発見した骨を小倉美咲さんのものと特定したことを母とも子さんに伝えたと明らかにした。美咲さんの死因や、不明後の足どりなど明らかになっていない点が多く、県警は事故、事件の両面で捜査を継続し、山中での捜索も続けるという。14日夜、県警の奥脇龍起捜査1課長は「当県警として、美咲さんのご冥福をお祈りしたい」と述べ、無念さをにじませた。「今後なるべく多くのものを捜索してご家族にお返ししたい。県警一丸となって捜索を続けたい」と強い口調で語った。

県警によると、捜索ボランティアをしていた男性が4月23日に発見した子どもの頭部の一部とみられる人骨では個人を特定できる核DNA型は検出できなかった。その後、母系の血縁関係を調べるミトコンドリアDNA型の鑑定で、母とも子さんと同型が検出され、県警は12日、親族関係にある人物として矛盾がないと公表した。美咲さんの10歳の誕生日のはずだった5月13日、とも子さんは「新たに見つかった人骨の鑑定も進められていますので、美咲の無事を信じて神様に祈りながら結果を待ちたいと思います」とSNSにつづっていた。

胴部の一部とみられる人骨の発見場所は、美咲さんが行方不明になったキャンプ場から東に約600メートル。県警は付近の捜索を続け、枯れた沢沿いで運動靴の両足のほか、4日に肩甲骨を見つけ、鑑定していた。

美咲さんは19年9月21日、家族や知人とキャンプ場を訪れ、午後3時40分ごろ、先に遊びに行った友人を1人で追いかけた後、行方不明となっていた。

 

<山梨女児不明の経過>

2019年9月21日 千葉県成田市の小学1年、小倉美咲さんが山梨県道志村のキャンプ場で行方不明に

   10月 6日 山梨県警が大規模捜索打ち切り

 20年9月21日 県警がキャンプ場周辺を再捜索

 22年4月23日 キャンプ場の東約600メートルで人骨の頭の一部発見

     28日 運動靴の右足側発見

     29日 靴の左足側発見

   5月 2日 骨から個人特定できるDNA型検出できずと県警

4日 肩甲骨と黒いハイネックの衣類発見

11日 人骨のようなもの二つ発見

12日 ミトコンドリアDNA型の鑑定で親族関係に矛盾なしと県警

14日 肩甲骨のDNA型鑑定で美咲さんと一致、死亡と判断と県警発表