フィンランドのニーニスト大統領は14日、ロシアのプーチン大統領と電話会談し、米欧の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)加盟を申請する意思を伝えた。

プーチン氏は加盟は「過ちになる」と批判し、中立政策の放棄は両国間の友好関係に悪影響を及ぼす可能性があると警告した。両国大統領府が発表した。

ニーニスト氏は会談で、ロシアによるウクライナ侵攻がフィンランドの安全保障環境を変えたと指摘。ウクライナにもたらした人的被害にも懸念を示した。プーチン氏はフィンランドに対する安全保障上の脅威は存在しないと強調した。

ニーニスト氏は12日、マリン首相と共にNATO加盟を「速やかに申請しなければならない」との共同声明を発表。近く申請に向けた手続きを取る。スウェーデン政府もNATO申請に意欲を表明しており、北欧2カ国とロシアの間で緊張が高まる可能性がある。

ロシアのグルシコ外務次官は14日、核兵器がロシア国境に近づくなら「抑止力維持のための方策を取らざるを得ない」と述べ、北欧2カ国を視野に入れた核軍備増強があり得るとの考えを示した。インタファクス通信が伝えた。

(共同)