23日午後1時ごろ、大阪府豊中市で、男が女性を刺した後、自分の頭を拳銃で撃ったと通行人から119番があった。府警などによると現場から男女2人が搬送され、発砲したとみられる男の死亡が確認された。女性は70代ぐらいで腹部を刺され、重傷とみられる。

現場から包丁と自動式拳銃1丁が見つかった。府警は男が女性を包丁で襲った後、拳銃自殺を図ったとみて殺人未遂容疑で捜査している。男は豊中市の無職鎌田賢治容疑者(74)。府警は女性の身元や2人の関係性、拳銃の入手ルートを詳しく調べる。

府警によると、同日午後0時55分ごろに「男が刃物を持ってかなり暴れている」との110番があった。女性は複数回刺されていたとの目撃情報もある。

現場は大阪モノレール柴原阪大前駅から東に約400メートルの住宅街。近くの会社員男性(20)は「『バーン』という音と女性の悲鳴が聞こえて怖かった」と硬い表情。別の会社員男性(47)は「女の人はおなかを押さえ、男の人はぐったりした様子だった。普段は静かな場所なのに物騒なことが起きた」と話した。(共同)