人数を偽って東京・歌舞伎町のホテルに宿泊したとして、警視庁少年育成課は3日までに詐欺の疑いで、いずれも住所不定で無職の原田将容疑者(22)と無職の女(18)、高校生の少年(17)を逮捕した。3人は歌舞伎町の「トー横」と呼ばれる一角で出会ったとみられる。

逮捕容疑は6月29日から30日にかけ、歌舞伎町のホテルに1人で宿泊すると装い、他の1人を含む4人で滞在し3人分の宿泊料金計約1万8000円を免れた疑い。原田容疑者と少年は容疑を認め、女は一部否認している。

少年育成課は、周辺のホテルでトー横に集まる未成年者らによる不正な宿泊が横行し、薬物の過剰摂取「オーバードーズ」や飲酒、喫煙の場になっているとみている。(共同)