徳島市で8月に開催された阿波おどりで、参加した踊り手らのほぼ4人に1人に当たる819人が新型コロナウイルスに感染したことが22日、主催した実行委員会のアンケートで分かった。

未回答の踊り手グループが3割あり、感染者数はさらに多い可能性がある。

阿波おどりは前夜祭を含め8月11~15日に開催。2020年はコロナの影響で中止、昨年は期間や規模を縮小して開催した。今年は地域への経済効果や伝統の継承を優先し、3年ぶりに屋外の演舞場に観客を入れて本格開催していた。

アンケートは阿波おどりに参加した「連」と呼ばれる123の踊り手グループを対象に実施し、86の連から回答があった。その結果、踊り手らの参加者3425人(推計)の24%に当たる819人が8月11~25日に陽性と判明した。判明日は17日が220人と最多で、18日が186人と続いた。

感染防止対策については「演舞中にマスクをする、しないが曖昧になっていた」などの意見があった。22日の実行委の会合で、委員の徳島大病院の東桃代医師は「開催後に徳島県で感染者が増えたのは阿波おどりだけのせいではないが、そこからの家庭内での2次感染、3次感染があったとみられる」と指摘した。

阿波おどりを巡っては、これまで徳島県はクラスター(感染者集団)の発生を認定していない。徳島市の内藤佐和子市長は8月26日の記者会見で「今年開催していなければ伝統をつないでいくことは厳しかった。実行委の判断は英断だった」と評価した。(共同)