西九州新幹線が23日、武雄温泉(佐賀県武雄市)-長崎で開業した。新車両「かもめ」が全5駅の約66キロを走行する。新幹線としては最も短い。1973年に福岡と長崎を結ぶ長崎ルートの整備計画が決定されてから約50年かけて実現した。

整備計画のうち佐賀県の一部区間(新鳥栖-武雄温泉)は整備方式が決まらず、着工の見通しが立っていない。新幹線と在来線特急を乗り換える「リレー方式」で運営され、全線が直通するかどうかが今後の焦点だ。

各駅で開業式典を開催。長崎駅で、午前6時17分に武雄温泉行き一番列車が出発。

乗り換えでは、武雄温泉駅で新幹線と特急「リレーかもめ」が同じホームの対面に停車し、移動しやすくする。乗り換えを含めた最速の所要時間は博多-長崎が1時間20分、新大阪-長崎が3時間59分となり、ともに30分短くなる。(共同)