気象庁によると、高知県・室戸岬の南にある熱帯低気圧が23日午前9時の観測で、台風15号に変わった。夜から24日にかけて西日本と東日本の太平洋側へかなり接近する見込み。3連休は25日にかけて大雨になる恐れがあり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫に警戒を呼びかけた。

台風15号は23日午前9時現在、室戸岬の南約300キロを時速約20キロで北へ進んだ。中心気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。中心の北側280キロ以内と南側185キロ以内は風速15メートル以上の強風域。

25日朝までに温帯低気圧に変わる見通し。強風や高波にも注意が必要だとしている。

24日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、近畿、東海200ミリ、関東甲信120ミリ。その後の24時間は東海100~200ミリ、関東甲信100~150ミリ。

政府は23日、台風15号に関し、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。(共同)