サッカーW杯カタール大会で韓国代表の初戦ウルグアイ戦当日の24日、韓国警察庁は街頭応援に繰り出す人々が全国各地で計約4万人に上ると予測し、ソウル市の梨泰院で150人超が死亡した雑踏事故を踏まえ、警備を強化した。

韓国が4強入りした日韓大会から20年の節目に応援は熱を帯びる一方、社会は「安全第一」を求める空気が強い。

大型スクリーンが設置されたソウル市中心部の光化門広場には、日が落ちた頃から徐々に観戦者が集まり、多数の警察官らが付近の地下鉄駅や横断歩道に立って警戒。立ち止まって広場の写真を撮ろうとする人に「歩いてください」と声をかけ、誘導した。

ソウル市は光化門広場での韓国サポーター団体「赤い悪魔」主催の街頭応援を許可し、警察庁は約1万5千人が集まると想定した。人の流れの分散に当たる警察官約40人や、多数の機動隊員を配置し、事故の警戒に当たった。

ソウル市郊外、京畿道水原市のサッカー場での応援イベントには約2万人の人出が見込まれ、道は事前に安全対策会議で対応を協議。金東ヨン知事は「スポーツを愛し熱狂するのも重要な権利だ」とし、道として対策を徹底すると強調した。

韓悳洙(ハンドクス)首相は23日の会議で「1件の事故も起きないよう徹底して備えてほしい」と注文。国民にも「秩序あり安全な応援となるよう協力してほしい」と求めた。(共同)