日本列島は25日、この冬一番の寒気が流れ込み、北日本から西日本の日本海側を中心に大雪が降った。新名神高速道路や関西のJR在来線で立ち往生が発生し、交通機関に大きな影響が出た。北日本では26日も荒天が続く見通しで、気象庁は猛吹雪や路面の凍結、高波に警戒を呼びかけた。

25日未明から朝にかけて広範囲で低温となり、沖縄県を除く46都道府県で氷点下を記録した。熊本県甲佐町で氷点下9.0度、愛知県常滑市で同3.4度、新潟市東区で同5.6度を観測し、いずれも観測史上1位の最低気温となった。降雪量は、岡山県真庭市で午前8時までの24時間で93センチの降雪を記録、昨冬までの最大記録を上回った。

磯崎仁彦官房副長官は記者会見で、倒木の除去作業中の事故により大分県で1人が死亡したと明かした。このほか、新潟県で災害との関連を調査中の死者が2人、岡山県で心肺停止状態の2人が発見されたとの連絡があったと説明した。

25日午前には、新名神高速道路の四日市ジャンクション(三重県)と甲賀土山インターチェンジ(滋賀県)間の上下線の複数箇所で積雪による車の立ち往生が発生した。滋賀県内や京都府内のJRの在来線では、24日夜に複数の列車が立ち往生し、多くの乗客が車内で夜を明かした。

全日空と日航によると、25日は計350便以上が欠航し、影響人数は計1万6000人を超えた。

1月25日は歴史的に見ても、記録的な寒波に見舞われるのようだ。約120年前の1902年(明35)の同日、北海道.旭川では公式記録で日本最低気温となる氷点下41度を観測した。この記録はいまだに更新されていない。同年1月下旬には、青森の陸軍歩兵連隊が八甲田山での雪中訓練中に遭難し、199人が凍死する「八甲田山雪中行軍遭難事件」が起きている。