保育士らが園児の顔に水性ペンでひげや眉毛を落書きしたとされる保育施設を特別監査している静岡県沼津市の頼重秀一市長は25日の定例記者会見で「市内でこのような事案が発生してしまい、誠に遺憾だ」と述べた。同席した市幹部は、所長や保育士ら計13人に聞き取りを行い、2月末以降に処分結果を公表すると説明した。

市によると、所長と保育士、調理師の3人は園児に落書きしたり、ほおを引っ張ったりといった不適切保育を繰り返した上、行為の様子を収めた写真を交流サイト(SNS)で共有した。市は24日、児童福祉法などに基づく特別監査を始め、同日、この3人への聞き取りを実施した。

保育士らはこれまで落書きについて「子どもに求められて始めたが、徐々にエスカレートしてしまった」という趣旨の説明をしている。(共同)