東京都狛江市の住宅で住人の大塩衣与さん(90)が遺体で見つかった強盗殺人事件で、家族が高級時計やダイヤモンドの指輪がなくなっていると説明していることが25日、捜査関係者への取材で分かった。住宅内は広範囲に物色されており、警視庁調布署捜査本部は被害品の精査を急いでいる。

事件翌日の20日、警視庁は大塩さん宅付近から逃走したレンタカーを東京都足立区内で発見。近くにいた永田陸人容疑者(21)=金沢市=が21日、東京都中野区で昨年12月に起きた強盗傷害事件で逮捕された。関東や広島、山口両県で強盗などの事件が相次いでおり、警視庁などは、永田容疑者らを含むグループが関与した疑いがあるとみて調べている。

捜査関係者によると、大塩さん宅は地上2階、地下1階で、全ての階に4種類の足跡が残されていた。複数の部屋で棚の引き出しが荒らされ、中身が床に散乱していた。

大塩さんは今月19日午前11時ごろ、買い物先から帰宅。自室がある2階には購入品が入ったスーパーの袋が残されていた。普段から玄関を施錠していたというが、事件発覚時、鍵は開いていた。窓ガラスは割られておらず、捜査本部は大塩さんがインターホンなどに対応して鍵を開け、襲われたとみている。

大塩さんは全身に暴行を受けており、正午ごろに死亡したとされる。(共同)