24日午後11時15分ごろ、長崎県の男女群島西110キロの東シナ海で、香港船籍の貨物船「JINTIAN」(6551トン、乗組員22人)が遭難信号を発信し、25日未明に沈没した。第7管区海上保安本部(北九州)によると、9人が行方不明。救助された乗組員13人のうち2人の死亡が確認された。また、韓国海洋警察庁からは6人が意識不明との連絡があったという。残りの5人は意識がある状態という。

海保などによると、乗組員は中国人が14人、ミャンマー人が8人。木材を積んでマレーシアから韓国・仁川に向かう途中だった。

近くを航行中の民間船舶が25日朝、漂流していた中国人5人を引き上げた。その後、韓国海洋警察庁が6人、航空自衛隊が2人を救助した。自衛隊は2人を長崎空港経由で病院に搬送したが、死亡が確認された。

一方、韓国の海洋警察によると、自衛隊などと14人を救助したが、このうち9人は意識がない状態といい、海保が確認を進めている。

長崎地方気象台によると、現場付近には23日午前から海上強風警報が発令されており、事故当時は最大風速20メートルの強い風が吹いていたとみられる。

現場は領海外で、巡視船や航空機が捜索に当たったが、強風で難航。現場に到着した巡視船の報告によると、現場海域は25日午前時点で、秒速8メートルの風が吹いており、波の高さは3メートル。正午時点の水温は14度だった。

海保によると、貨物船からは衛星電話で「船が傾き、浸水している」との知らせを受けた。海保や自衛隊、韓国海洋警察庁の船舶、航空機が現場に向かい、捜索に当たった。政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。(共同)