沖縄県宜野湾市の国道で1月、車道に横たわっていた女性(58)が車にひかれて死亡した事故があり、県警は12日、女性を車道に移動させて放置し、走行してきた車にひかせて殺害したとして、殺人の疑いで、女性の知人で建設作業員の古謝勝也容疑者(30=同市、脅迫容疑で逮捕)を再逮捕した。

県警によると、亡くなった宜野湾市のパート店員玉城まゆみさんは1月、古謝容疑者との間の金銭を巡るトラブルなどを県警に相談していた。2人は同26日夜から市内の飲食店で一緒に飲酒した後、タクシーで事件現場近くに移動した。

県警は、古謝容疑者が玉城さんの両手を引っ張り車道に移動させたことや、深夜で周囲が暗い状況下で放置した状況などから、殺意があったと判断した。玉城さんに意識があったかどうかを含め、当時の状況を詳しく調べている。

再逮捕容疑は、1月27日午前2時5分ごろ、宜野湾市大山1丁目の国道で、玉城さんを車道上に移動させ、走行してきたタクシーにひかせて全身打撲や圧迫により死亡させた疑い。

関係者によると、古謝容疑者は1月30日に玉城さんの親族女性を脅迫した疑いで、今月1日に逮捕されていた。(共同)