自民党は12日、千葉県野田市で小4女児が死亡し、両親が逮捕されたことを受けて、今後の対応を協議するため、関係する部会などをまじえた初の合同会議を党本部で開いた。

虐待等に関する特命委員会の馳浩委員長は「事実関係を確認すればするほど、なぜやるべきことをこのタイミングでできなかったのかという反省がたくさんある。できることはどんどんやっていく姿勢を示す必要がある」と述べた。報道陣に非公開の会合では、学校側が警察とためらわないように連携することや、児童の変化について、児童相談所と学校が継続して見守る必要があるなどの認識が確認された。