将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)が2年連続の優勝を目指す「第12回朝日杯オープン戦」の準決勝、決勝が16日、都内で行われる。

午前10時30分からの準決勝では、第1回優勝者の行方尚史(なめかた・ひさし)八段(45)と初対決。勝てば、午後2時30分(予定)からの決勝で渡辺明棋王(34)対千田翔太六段(24)の勝者と対戦する。

藤井は1月に名古屋市で行われた1回戦で、前々期の名人戦挑戦者である稲葉陽八段(30)に快勝。続く準々決勝でも竜王獲得経験者の糸谷哲郎八段(30)をくだした。過去の連覇は、7~9回で3連覇した羽生善治九段(48)だけ。国民栄誉賞棋士に続く偉業へと挑戦する。