運転中の暴行により逮捕後、弁解録取書を両手で引き裂いたとして、千葉県警我孫子署は8日、暴行と公文書毀棄(きき)の疑いで、千葉県白井市白井の自称無職、川上秀武容疑者(42)を逮捕した。

川上容疑者は容疑を認めておらず、暴行に関しては「相手がぶつかってきた」と話し、容疑を否認しているという。

<1>暴行の逮捕容疑は、同日午前9時30分ごろ、千葉県我孫子市栄付近の路上を普通乗用車を運転し走行中、被害者である千葉県柏市の大学4年生の男性(21)が運転する普通乗用車と交通上のトラブルとなり、その場から1・3キロの間、被害者車両を追跡した上、同日9時30分ごろ、同市柴崎付近の国道6号下り線の第1通行帯を走行する被害車両に、第2通行帯から自車左側面を、被害車両の右前部に衝突させる暴行を加えたものとしている。

<2>公文書毀棄(きき)の逮捕容疑は、暴行事実により逮捕され、同日10時40分ごろ、我孫子警察署において、逮捕事実について弁解録取書を作成されたものであるが、これを読み聞かせられ、誤りの有無を問われたところ「見せて」と告げ、弁解録取書を手に取り両手で引き裂いたとしている。

同署によると被害者、容疑者ともに普通乗用車を運転していた。被害者に大きなケガはないが、念のために病院で診断をしているという。被害者の車両に初心者マークはなかった。

事件当時は、接触後に容疑者が車から降り、被害者の方に歩いて来て何か言い放ってきたが、被害者が窓を閉めその場で「あおり運転の被害をうけた」と110番通報したという。

同署は現在、被害者側のドライブレコーダーを解析中で、今後接触時の速度や詳しい事件の様子を調べるとした。