知人女性のわいせつ動画をツイッターに無断で投稿したとして、警視庁綾瀬署は22日、東京都中央区日本橋の人材派遣会社社長、佐伯友貴容疑者(33)をリベンジポルノ被害防止法違反、わいせつ電磁的記録陳列、名誉毀損(きそん)の疑いで逮捕した。逮捕は20日。

逮捕容疑は、昨年7月11日~10月19日までの間、10回にわたり被害者の20代女性との性行為場面等を撮影した無修正のわいせつ動画を、SNSを利用して不特定多数のインターネット利用者に対し、閲覧可能な状態にし、同女の名誉を害した疑い。

署によると、2人は昨年6月、性的関係を目的に、マッチングアプリで知り合った。回数を重ねていくうちに、容疑者が「動画を撮影させてくれ」と言い、撮影し、10回に渡ってSNSに投稿した。被害者は「個人的に見るものならばかまわないと許可したが、SNSに上げられることは許可していない」と話しているという。

容疑者は、ツイッターに外部のサイトに繋がるツイートを投稿し、サンプルの無修正動画の閲覧を可能にした。このサイトには、容疑者が書いた性行為に関する記事があるという。フルバージョンを見るためには、3480円を支払い、別の鍵付きのツイッターアカウントの購入が必要。ただし、1度購入すれば、以降アップされる動画は見放題になるという。

被害者は、行為を繰り返していくうちに、容疑者から「もっとうまくなれ」と言われ、動画を送信され勉強させられた。次第に、自分でも性行為に関して検索するようになり、容疑者のサイトに自身の無修正動画が上がっている事に気が付き、昨年10月、署に相談した。

署によると、容疑者はアカウントの販売で10~20万円のもうけがあったという。動画は女性以外は全てモザイクがかかっている。サイトの動画には、別の複数人の女性との性行為動画もあり、署は余罪について調べを進める。