新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、政府は13日、緊急事態宣言の対象地域に大阪、京都、兵庫、愛知、岐阜、福岡、栃木の7府県を追加した。JR東日本と首都圏の私鉄各社は20日から終電時刻を最大30分程度、繰り上げることを発表。緊急事態宣言の解除予定の2月7日まで続く見通しだ。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、1都3県の知事や国土交通省が検討を要請していた終電時刻繰り上げの前倒しについて、JR東日本と首都圏の私鉄などは13日、終電付近の一部列車の運転を20日から当面の間、取りやめると発表。各社最大10~30分程度早まる。緊急事態宣言期間の2月7日まで続く見通し。

JR東は山手線、中央線快速、京浜東北・根岸線、京葉線など11路線で実施。山手線内回りでは池袋駅の終電時刻を約28分早めて午前0時23分にする。3月13日のダイヤ改正時に終電を早める予定だった18路線のうち、東北線(宇都宮線)などは含まれていない。

取りやめる列車の本数は11路線合計で、平日が42本、土休日が40本。現行のダイヤのままで深夜帯の列車を運休して回送運転する。代行輸送はなく、注意を呼び掛けている。2月7日以降については宣言の延長の有無などに応じて判断する。

他に繰り上げを発表したのは東武鉄道、西武鉄道、京成電鉄、京王電鉄、東急電鉄、京浜急行電鉄、東京メトロ、小田急電鉄、相模鉄道、東京都交通局(都営地下鉄)、首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)など。直通運転している路線が多く、一斉に実施する。

20日から当面の間の終電繰り上げを知らせるポスターを掲示する、JR東日本の職員(共同)
20日から当面の間の終電繰り上げを知らせるポスターを掲示する、JR東日本の職員(共同)

繰り上げの前倒しは、1都3県の知事や国交省が人の流れを抑制するとして要請。各社は春のダイヤ改正時に終電繰り上げを予定しており、深夜の線路保守作業などの時間を拡大することを主な目的としていた。