静岡県湖西市の宿泊施設で、120人規模の乱交パーティーを主催したとして、公然わいせつほう助の疑いで、千葉県の自称自衛官・田渕照明容疑者(54)と同県の自称看護師・加藤砂恵子容疑者(51)が静岡県警に逮捕された事件で、容疑者らが参加料として男女1組ずつ1万円を集めていたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。

関係者によると、田渕容疑者らはLINE(ライン)グループ「令和4年浜名湖フェス」で参加者を募った。参加者のほとんどがカップルや夫婦だというが、単独で参加する人もいた。年齢は下は20代からで、40代~50代が多いという。11日~12日にかけて行われた会は、宿泊しない参加者もいた。関係者は少なくとも3、4年前から会が行われていたとみている。

会場では、いずれも東京都の自称会社経営の男(52)と自称専門学生の女(34)が、全裸になって抱き合ったなどとして、公然わいせつの疑いで、現行犯逮捕された。男は「裸だったけど、陰部は服で隠していた」と容疑を否認している。12日午前3時半ごろ、警察が現場に踏み込んだ際は、約70人が滞在していた。飲食をしている人や就寝していた人がいたが、裸となっていたのは2人だけだったという。