通学中の女子高校生ら列に車を突っ込み、けがを負わせたとして、福岡県警は21日、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで、福岡県須恵町の自称派遣社員中村進容疑者(66)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は21日午前8時15分ごろ、福岡県宇美町の路上で、軽乗用車を運転し、敷地内や道路上の歩行者数名に車を衝突させ負傷させた疑い。

地元の消防によると、目撃者から「車が女子高校生の列に突っ込んだ」と119番があった。この事故で10人が病院に搬送された。命に別条はないという。

現場近くに勤める男性は「すごい衝撃音がした。10人くらいが倒れていて、出血している人が何人かいた。呼びかけには答えるけど立ち上がれない様子だった」と話した。また別の男性は「女性高校生の『きゃー』って叫び声が聞こえた。何人かが次々にはねられたみたいで倒れていた。頭から血を流している人もいた」と語った。さらに「(目撃者の中には)『運転手は酒のにおいがした』と話している人もいる」という。

事故現場はJR香椎線宇美駅から西に約170メートル。住宅や病院、銀行などが並ぶ地域の一角。