化粧品会社ディーエイチシー(DHC)の元会長吉田嘉明氏が代表を務める22年7月設立の通信販売会社「大和心」に批判の声が相次いでいる。

ホームページには大和心の宣言として「日本人による日本人のための本格的超高速通販」などと記されていた。また吉田氏の署名で、競合大手通信販売の経営者について「トップが純粋な日本人なのは、大和心だけのようです」「お顔の特徴から、しばしば在日の疑いがかけられていますが、ご自身自らがかたくなに否定しておられるので、あなた自身でご判断ください」「100%の朝鮮系」「元々は外国人の方に、日本人の心が理解できるのでしょうか」などと実名を挙げて中傷する記載があった。

SNS上では「こんなに堂々とヘイトしちゃってどうするの?」「会社のHPで書くことじゃない」「大和心名乗りながらコカ・コーラ売ってて草」「思想が強すぎて従業員さん気の毒」などの声が上がっていた。

吉田氏をめぐっては20年~21年ごろ、DHCの会長時代に在日韓国・朝鮮人に対する差別的な文章を会長名で公式オンラインショップに公開していた。