日本将棋連盟会長の羽生善治九段(53)は1日、東京・内幸町の「日本記者クラブ」で会見に応じた。

将棋界の話題をさらった藤井聡太8冠(竜王・名人・王位・叡王・王座・棋王・王将・棋聖=21)を誰が倒すのかという質問がいきなり飛びだした。

羽生は苦笑いしながら少し考えて、「想像がつかないです。イメージがわかないです」。正直なところだろう。会長として、藤井8冠の出現は「周りの棋士が触発されている。棋士全体のレベルが底上げされているのは間違いない事実。ほかの人が頑張って盛り上げていくのが大切な課題」とも話していた。