国民民主党の玉木雄一郎代表は3日、フジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」に出演し、ガソリン税を一部軽減する「トリガー条項」の凍結解除をめぐる自民、公明両党との3党協議について「いつまでもだらだらやるつもりはない。やるか、やらないか、なので、年内に一定の方向を出したい」と述べた。

方向性が出なかった場合の対応を問われると「これまで同じような岸田政権との付き合いはできない。こっちだって魂をこめ、覚悟をこめてやっている」と、岸田首相や自民党をけん制した。

その上で「今まで(岸田文雄首相は)は言い訳ばかりだったが(今回は)3党協議を指示した。しっかりやっていきたい」とも述べた。