元テレビ朝日社員の玉川徹氏は5日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」に出演し、4日に行われた日大アメリカンフットボール部による違法薬物事件をめぐる記者会見に出席した久保利英明弁護士(79)の独特のファッションについて感想を語った。

久保利弁護士は、日大の第三者委員会答申検討会議議長を務めた人物で、法曹界でも著名な弁護士として知られる。日本の企業が不祥事を起こした際の第三者委員会の委員長を務めることも多い。また、会見開始後には、紺のストライプのど派手なスーツがSNS上で大きな注目を集めた。

玉川氏は「これはギャングスーツですよね。なかなか売っていない。チョークストライプというのは」と、久保利氏のスーツの柄について解説。これに対し、久保利氏に「ロースクール時代に教わった。恩師」という元フジテレビアナウンサーで弁護士の菊間千乃氏が(スーツは)「全部オーダーメード」と明かすと「やっぱり」と納得した。

玉川氏自身も以前、ストライプ柄のスーツを着用していたことをしていたことを指摘されると「ちょっと戦うぞ、みたいな時にはそんな格好だった」と振り返りながらも「ここまで線の太いチョークストライプ(の柄)はなかなか売っていないので、すごいなと思ってみていた」と、共感しながらも驚いていた。