スポーツライターの小林信也氏は5日、TBS系「ひるおび」(月~金曜午前10時25分)に出演し、4日に行われた日大アメリカンフットボール部の違法薬物事件をめぐる記者会見に同席した益子(ましこ)俊志・スポーツ科学部長の素顔に言及した。

「益子さんが登場したことを驚いているオールドファンも、いっぱいいると思う」とした上で「益子さんは、早稲田の往年のラグビーの大スター。本城(和彦)さんとかの時代のキャプテンですから。そういうご経験の持ち主です。この方が日大にいらっしゃるんだということを、驚いた方も多いのではないか」と、述べた。

益子氏は早大ラグビー部時代、本城和彦氏や吉野俊郎氏らとともに人気を博し、主将だった1982年には関東大学対抗戦優勝も果たした。早大ラグビー部監督やラグビー7人制日本代表コーチなどを歴任、防衛医大准教授も務めた。

日大のホームページによると、益子氏は「『コーチング学』を主とした授業を担当している」という。