岸田文雄首相は5日夜、自民党政調会長時代の2019年、ギングリッチ元米下院議長と面会した際に旧統一教会友好団体トップが同席したとする朝日新聞の報道について「同席者がどなたであったかは承知していません」と繰り返した。

この時の会合をめぐっては、旧統一教会の関係者が5日、友好団体トップだけでなく米教団の元会長が首相と自民党本部で面会したことを認めている。

首相は官邸を出る際に報道陣が「教団側が面会を認めた。2人が写り込んだ写真も一部で報じられており、外形的には、面会は限りなく(面会の報道内容は)事実にみえる状況です」としてあらためて認識を問うたが、首相は「ご指摘の点については、ギングリッチ元下院議長と面会をいたしましたが、同席者についてはどなたであったか、私は承知していません。それに尽きると思っています」とだけ述べ、官邸を後にした。この日午前中の取材対応でも、同様の主張を繰り返している。

当時、首相がギングリッチ元米下院議長の一行と面会した際に旧統一教会友好団体トップらが同席していたことや、その時のものとされる写真を朝日新聞が報道した。旧統一教会関係者と会ったとも会わなかったとも、肯定も否定もしない首相の逃げの対応には、批判の声が強まり始めている。

岸田首相はこれまで、旧統一教会側との関係について「私自身は知り得る限り、当該団体と関係がない」と話していた。衆参両院の予算委員会では8日に集中審議が予定されており、首相が野党の追及を受けるのは避けられない。

経済対策への批判や自民党安倍派パーティー券収入をめぐる「裏金」疑惑などで、自身を取り巻く政治情勢がますます厳しくなっている首相にとって、今回の問題は大きなアキレス腱(けん)となり始めている。