岸田文雄首相は8日の衆院予算委員会で、自民党最大派閥安倍派の政治資金問題をめぐり、政権の要である松野博一官房長官が、1000万円を超える「裏金」のキックバックを受け、政治資金収支報告書に記載していない疑いがあると朝日新聞が報じたことを受け、立憲民主党の議員から松野氏を更迭するよう求められたが、拒否した。

安倍派をめぐっては、松野氏や西村康稔経産相ら派閥運営のとりまとめ役である「事務総長」経験がある複数の議員がキックバックを受けていた疑惑が浮上している。

立民の後藤祐一衆院議員から、松野氏や西村氏の更迭を求められた岸田首相は「(今回の問題で)告発され捜査が進んでいる。その中で具体的に発言するのは捜査に影響があるので、発言を控えないといけないという立場だと思う」と松野氏の答弁に言及。その上で「官房長官の役割、スポークスマンの役割は内外の幅広い政策分野において発信をしていかないといけない立場。ご指摘の点は発言を控えなければならないと思うが、それ以外は政府のスポークスマンとしてしっかり発信してもらう。こうした役割をしっかり果たしてもらいたい」とかばうように述べ、更迭要求を拒否した。

一方、後藤氏は、8日午前に行われた松野氏の官房長官会見が「ずっとこの話(政治資金問題)で政策の話を答えられないし、聞けない。(官房長官の)仕事が成り立っていない」と批判し、疑惑について答えようとしない松野氏の官房長官の発信業務には、支障が出始めているとの認識を示した。