松野博一官房長官は8日の参院予算委員会で、自身が所属する自民党最大派閥安倍派の政治資金問題をめぐり、1000万円を超える「裏金」のキックバックを受け、政治資金収支報告書に記載していない疑いがあると報道各社に報じられたことについて、立憲民主党の蓮舫参院議員の異なる内容の質問に、同じ内容の回答を連発した。

蓮舫氏は「キックバックを受け取りましたか」「(安倍派の)宮下一郎農相やや鈴木淳司総務相は答えている。どうして官房長官だけ言えないのか」「お金は受け取りましたか」という立憲民主党の蓮舫参院議員の質問に、同じ内容の回答を3連発した。蓮舫氏は納得せず、質疑が止まる事態になった。

松野氏は「派閥で事実確認がなされている最中で、報道によると派閥への告発が行われ、関連して捜査が行われている。そうしたことを踏まえて適切に判断する」「私の政治団体についても精査して適切に対応したい」という内容の答弁に終始。蓮舫氏は「いやいやいや」と反発し、質疑は野党側の求めで一時ストップした。蓮舫氏は自席で「戻して。(ストップに組み込まれなかった)今の時間」と、反論していた。

質疑が再開された後も、「お金は受け取りましたか」「答えられない事情があるんですか」という蓮舫氏の質問に対し、松野氏は、従来と同じ内容の答弁を繰り返すにとどまった。