政治ジャーナリストの伊藤惇夫氏(75)が8日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(午後1時55分)に中継で生出演。自民党派閥の政治資金パーティー券問題をめぐる安倍派の松野博一官房長官に関する直近5年での1000万円超のキックバック疑惑報道について言及した。

「松野さんの数字に関して、なぜ1000万円という数字が情報として出てきたのかを考えないといけない。どこから出てきたのか、考えられるのは2つです」と前置きし「1つは捜査当局からのリーク。もう1つは同じ清和会からのリーク。その背景に何があるのかも一緒に考えないといけない」と語った。

MC宮根誠司から「清和会からのリークとなると、勢力争い、権力争いみたいなのも垣間見えるということでしょうか」と問われ、「それもあるかもしれませんけど、場合によっては会計を担当しているスタッフの人たちから漏れたということもあるかもしれません」と話した。

続けて「もし検察から漏れたということになると、調べたけど立件までたどり着けるか微妙だとなってくると、あえて懲罰的にリークするっていうことが過去にあった」。さらに「見てると、松野さんはもたない」とバッサリ切り捨てた。