立憲民主党の小沢一郎衆院議員が10日、自身のX(旧ツイッター)を更新。河野太郎デジタル相について言及した。

小沢氏は、この日河野氏がフジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」で「きちんと、うみを出し切ることが大事」などと話したことを報じる記事を添付。「自民党から膿を出し切ったら何も無くなる。この人物は、安倍派の利権を狙いに来ている。そういう醜い闘争が、既に自民党の中で始まっている。結局、自民党=利権。誰がトップになろうが、自民党は変わらない、絶対に」と痛烈に記した。

さらに別の投稿で「権力は腐敗する。絶対的な権力は絶対的に腐敗する。見事に証明している。だが最大の問題は、この11年で少しずつ毒を飲まされ、国民が腐敗に慣れてしまったこと。腐敗から再生に向かうかどうかは、偏に国民の政治意識にかかっている。皆が選挙に行かなければ、この国は終わる」と私見をつづった。

小沢氏の指摘をうけ、X上では河野氏の「膿発言」に対し「この方も膿の一角なんだけどな」「随分偉そうにしてるねこの人」「膿を出し切るって、自分が膿そのものだろうに」「ずれてることに気づいていないあたりがヤバイ気がします」「自分も膿の一人だという自覚がないんでしょうね」などとさまざまな声が寄せられている。