評論家のイシケンこと石田健氏が20日、日本テレビ系「DayDay.」(月~金曜午前9時)に出演。サッカー日本代表FW伊東純也(30=スタッド・フランス)の代理人を務める弁護士らが大阪地裁に19日、約2億円の損害賠償を求める民事訴訟を起こした件でコメントした。

「訴訟を起こすことで、認められなかった場合のリスクを負った上で提起している。民事、刑事の双方の訴訟にどういう影響を与えるかがポイント。もう1つ、今回女性のみについて提訴し、報じた週刊誌は相手に入っていない。女性側にとって、今後別の女性が告発する際、しづらくなるリスクがありますし、虚偽の事案なら大問題。重い訴訟になってくると思います」とした。

伊東については1月31日、昨年6月に行われた親善試合のペルー戦の後に大阪市内のホテルで、女性の同意を得ないまま性行為に及んだとして刑事告訴されたと、ニュースサイト「デイリー新潮」に報じられた。大阪府警が女性2人からの刑事告訴を受理したことも明らかにされた。

これに対して伊東側は、性加害はなかったとして虚偽告訴容疑の告訴状を2月1日、同府警に提出し、受理されていた。